母乳で育てることの重要性

子どもを産む前に参加する母親教室で、母乳がどれだけ大きな意味を持つかを強調されます。
母乳は、出産後の母体で、ある2つのホルモンが活性化することで作られるものです。
赤ちゃんからの働きかけを受けてホルモンは活発に作用するようになるので、出産が済んだら赤ちゃんにおっぱいを吸わせることが欠かせません。
少しずつ、授乳の時間がくるとおっぱいが張るようになったり、泣き声が聞こえるだけで母乳がしみ出てくるようになります。
ホルモンの一種であるオキシトシンは母乳を乳頭から出す役目をし、視覚や聴覚からの刺激を受けやすいものであるようです。
そのため、わずかな刺激を受けても母乳が出る状況が作られます。
けれども、これはどのお母さんにも起こるとは言えませんので、たとえ赤ちゃんの泣き声におっぱいが何の反応を示さないとしても特別問題ではありません。
こうした反応というのは、その人によって差があるからです。
母乳をたくさん飲ませてあげるには、母親の心に余裕があって安らいでいることが望ましいのです。
子育てをしているとストレスが多いものですが、母乳というものはそういったストレスに大変作用されます。
体力的にも気分的にもすり減ってしまうと、母乳がうまく作られずに母乳が順調に出ないといったケースが出てきます。
不足がないように母乳を出すためには、過剰な疲れやストレスまみれにならないように日々暮らしていくことが肝心です。
どうしてもお母さんがしなければならないこと以外は別の人に協力してもらうようにして、ゆとりを作りながらできる子育てを目指すようにしましょう。
母乳が出る仕組みのことをお母さん本人だけではなく、子育てに協力してもらう人にも分かってもらうのが良いでしょう。

http://face.lacapagira.com/ おまとめ 赤ちゃん 母乳