母乳育児は大変です!

母乳育児を行いたいと思っても、なかなかうまくいかないことがあるでしょう。
やり始めのときは快調だったけれども、突然出なくなってしまったり、量が減少傾向にあるので困っているという人たちも多数います。
母乳で育てようとしている人であれば、母乳が少なくなったからと言ってミルクをあげることは嫌だと思う人もかなりの数いるはずです。
母乳以外は飲ませたくないとこだわってしまう人も多いようです。
しかしながら、止まってしまった母乳を赤ちゃんに十分なだけの量にするということはそう楽な話ではありません。
母乳がまた増えるまでには、期間がかかるものですし、その期間赤ちゃんが何も飲まないでいられるはずがありません。
このような場合は、ミルクに関する固定観念を改めてみるといいかもしれません。
今のミルクは品質も良く、母乳に大変近い成分で生成されていますので、決して母乳に劣るものではありません。
厚生労働省許可マークが付いており、法律で決まっている成分に則って精製された完全栄養食品のミルクというのは、母乳育児をする人にも心強いものです。
お母さん自身が疲れた状態になって、母乳の分泌がなくなる前に、ミルクを上手に使うことで体の休息を取るようにしましょう。
授乳のペースを落とせば、赤ちゃんにとって足りるふんだんな量の母乳を作ることができます。
母乳だけでなくミルクも飲むことによって便利なこともいろいろあります。
お母さんが体調を崩した時に薬を飲むことも可能になりますし、他の人に代わりに授乳してもらうこともできるでしょう。
とりわけ2人目の子どもからは、他の子どものために外に出なければならないことも多々ありますので、ミルクを飲んでくれると楽になることもあるのです。

3 2 4 d