母乳マッサージは大切

母乳で子育てをする人にとって、マッサージは大いに肝心なことです。
このマッサージが正しくできるかどうかで、どのように母乳が出るのか差が表れるからです。
母乳マッサージとはどういうものかというと、乳腺を刺激し母乳を作る働きを高めるものです。
母乳の量が維持されるのみならず、赤ちゃんが口に入れやすい乳首にすることも母乳マッサージを施す意味になります。
良い母乳が出ていても、赤ちゃんが飲みづらい乳首だとよく飲めないでしょう。
このことが原因で、母乳で育児することをやめてしまう人も大勢いるため、そんな事態にならないように妊娠しているうちに取り掛かりましょう。
安定期に入れば母乳マッサージを始めることが勧められていますので、出産まで習慣付けて続けましょう。
マッサージといっても助産師など専門の人がするものではなく、正しい方法を教えてもらえば自分で行うことができます。
母乳マッサージというのは、乳頭や乳輪のマッサージ、乳房のむくみや痛みを取るマッサージ、基底部マッサージなどがあります。
妊娠中から習慣にしておくなら、母乳での育児を上手に行うことができるでしょう。
基底部マッサージに関しては、マッサージする側とは逆の手で脇側から乳房を寄せるようにしもう片方の手を合わせてから、内側へと持ち上げながら動かします。
両側の乳房に行ったら、今度は真上に持ち上げるようにして左右の乳房に行います。
さらに、人差し指と中指、そして親指の3本を使って乳輪部分や乳頭部分を持って、あちこちから圧迫してマッサージすると、赤ちゃんがくわえやすい乳首にすることができます。

http://mi.0ch.biz/ c 4 Btype