乳腺炎について

母乳をあげて育てていく上で起こるトラブルの中で何度も耳にするのが乳腺炎という症状ですが、それは乳房トラブルの一つと言えます。
乳腺炎とは、母乳をあげて育てていくお母さんの場合は一番注意が必要な症状です。
おっぱいが詰まり、乳口に細菌が入るために現れる乳房の炎症で、痛いですし腫れたり熱の症状も現れます。
はじめはおっぱいが詰まった状況になるので、詰まりが消えれば問題もなくなるのですが、痛いものですから無理矢理詰まりを解消することはありません。
乳腺炎をなくすためには、お母さんがたっぷり休養を取らなければなりません。
乳房の問題だけでなく、母親の身体に蓄積された疲れを取り除くことが何よりも効果的なので、乳腺炎の疑いがある場合は休みを取るように心がけましょう。
乳腺炎になってしまう前に、うつ乳という名の症状が見られます。
この症状は、乳房を確かめてみると母乳が詰まることでまるでしこりのように硬い状態になっているものです。
痛いことも多いものですが、激しい痛みでないのであれば授乳しても問題ありません。
うつ乳というのは、赤ちゃんに頑張って吸ってもらうことで改善することがあります。
あとは、母乳を与えるときにしこりとなっているところをマッサージと共に行うことで、しこりが消えることもあります。
赤ちゃんの向きを変えて、赤ちゃんの口の向きを変えることでも改善効果があります。
産後すぐに陥りやすい症状は乳房うっ積というもので、乳房が急に張り始めパンパンなほどになる症状のことです。
そうなったら乳房を冷ますことが第一です。
出産が済んで間もないうちに発症するケースも少なくないため、病院で氷やジャガイモのすりおろしなどで、乳房に帯びた熱を取り除いたことがある人も少なくないでしょう。

1 f 4 df