母乳トラブルあれこれ

母乳だけで育てていく人は、母乳トラブルを招かないよう気にかける必要があります。
長く授乳を続けていると、トラブルが次々と現れます。
母乳トラブルを事前に把握しておけば、そうならないように対処できますし、トラブルが起きても良い対応ができるので、情報収集しておくといいでしょう。
母乳育児には、乳頭に関するトラブルと乳房に関するトラブルが存在します。
乳頭に発生するトラブルというものは、赤ちゃんの吸い方や偏った姿勢での飲ませ方によって起こり、擦過傷や乳頭亀裂といった状態になることがあります。
一回でも傷になってしまうと治るまでには時間を要するので、授乳の時間が苦痛になるかもしれません。
痛くても授乳はしなくてはいけませんから、亀裂が治るまで乳頭保護器などを使うことでやり過ごすようにしましょう。
赤ちゃんの中には、いつもの乳首と違うために乳頭保護器を吸おうとしない子もいることが考えられます。
そんな時は、赤ちゃんの口がくる向きを変えてみるなど試すことにより、痛みが少なくなることもあります。
乳口炎というものは乳口にできてしまう炎症であり、黄色と白色が合わさったような色になってしまいます。
この炎症は乳管炎を引き起こす炎症でもありますので、乳口炎のうちに治癒させましょう。
乳口炎の薬を塗布し、ラップで保護しておけば治療することができます。
乳管炎を患ってしまうと、痛みも強いですし抗生物質を飲んで完治させなければなりません。
乳房トラブルのひとつである乳腺炎へと進んでしまう可能性もあるため、配慮したい症状です。
常時乳首の様子を見ておき、たとえちょっとでも変な感じがしたらケアを怠らないようにしましょう。

ku http://oldstonedoctor.co.uk/ http://www.salon-siesta.com/" 学生カード 審査